リンクトブレイン「G-Link5」で マルチプラットフォームへのポーティングサービスを開始

株式会社リンクトブレイン(代表取締役:藤田 稔/岩本 真吾、所在地:東京都千代田区、以下 リンクトブレイン)は、
ゲーム開発・運営を支援するビジネスプラットフォーム「G-Link5」にマルチプラットフォームへのポーティングサービスを開始しました。

「G-Link5」サービス
▽「G-Link5」サービスサイト
https://g-link5.jp/
▽「G-Link5」サービス詳細
https://linkedbrain.jp/news/20171207-01/

リンクトブレインはゲームのマルチプラットフォーム展開におけるポーティングのためのチーム組成を行い、
各プラットフォームと連携しながら、ポーティングにおける開発を担います。

 

■ポーティングサービスとは

既存のスマートフォン用アプリをPC/ブラウザタイプのプラットフォームへ展開し
マルチチャネルで収益基盤を拡大させるための移行サービスです。

 

■ポーティングサービスの特徴

ポーティングサービスの特徴として、主に以下3点があります。
1.最短2ヵ月での開発が可能
2.ソースが共通化されるため、マルチログインの場合は運営のコストが不要
3.各プラットフォームのレギュレーションおよびAPIの知見が豊富

 

■ポーティングまでの流れ

・マルチプラットフォーム展開したいが開発リソースがない
・HTML5などのエンジニアがいない
・サーバー側でのAPIや課金認証組み込みなど手が空かない

といった様々なご相談に対応いたします。

 

■問い合わせ先

株式会社リンクトブレイン
MAIL: info@linkedbrain.jp

■G-Link5(ジーリンクファイブ)
「G-Link5」はゲーム会社とゲーム業界における関連会社と共に、ゲーム開発と運営を支援するビジネスプラットフォームです。新規ゲームタイトルの開発や既存タイトルの運営移管などのサポートを行います。

主には以下の特徴があります。

・新たなゲーム開発に必要となるテクニカル・トレンドへの開発と運営体制の提供と、HTML5など新たなテクニックなどへの支援サービス。
・ゲーム開発とゲーム運営に伴う人材支援サービス。
・リンクトブレインはフラットなポジションで、各プラットフォーム企業と緊密な連携をとり、技術情報などの情報提供。
・ゲーム開発、制作、運営の各事業者アライアンス網による業界横断的なサービスの連携とリソース支援の仕組みの提供。
・ゲーム運営会社、開発会社やクリエイティブ制作会社との相互連携、協調した人材育成とキャリアパス(RPO)の構築。

 

■会社概要

会社名 : 株式会社リンクトブレイン
代表者 : 代表取締役 藤田 稔/岩本 真吾
所在地 : 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-12-12 麹町Mビル4階
資本金 : 37,000,000円
URL  : https://linkedbrain.jp

主要事業: ・ゲーム運営・開発受託事業
      ・ゲーム業界特化型HR事業
      ・ゲームアプリのインバウンド・アウトバウンド事業
      ・エンタープライズxR事業

サービスサイト