e-Sports meetup in FUKUOKA Vol.1を開催しました

2月2日(土)にe-Sports meetup in FUKUOKA Vol.1を開催しました。
予想を上回る多くの方にご登録、ご参加いただきました。ありがとうございます!
なぜ福岡での開催?と疑問に思う方も少なくないかと思います。福岡市では、行政や団体がe-Sportsを盛り上げようと取り組んでいます。EVO Japan 2019 https://www.evojapan.net/2019/(2月15日(金)~17日(日))の開催を福岡で控えたこの時期に、e-Sportsに興味のある企業や、プレイヤーさんなど、もっと多くのつながりを作るきっかけに!ということで福岡での開催を決定いたしました。

満席となり立見で参加いただくほどになりました…!

今回は第1回目、キックオフということもあり、日本でのe-Sportsはどんな状況?世界と違う所は?e-Sportsを盛り上げるために必要なことは?といった幅広い内容について、
4名の方にご登壇いただき、弊社代表の清水がモデレーターとして参加いたしました。

・アークシステムワークス 株式会社 取締役 開発部長 プロデューサー 森 利道様
・株式会社 アカツキ福岡 代表取締役CEO 坪岡 章仁様
・野良連合 kizoku様
・福岡eスポーツ協会 会長 中島 賢一様

今回ご参加いただいた皆さんは、ゲームが好き!という方が多いのはもちろんなのですが、企業としてe-Sportsを盛り上げる方法を模索されている方が多いようでした。
選手として生活出来る環境を作るために必要な事や、業界を盛り上げるにはどのような役割があるのか。ゲームやメディア関係ではないけど、どのように関われるか…?などなど、
世界の事例や、現場の最前線で活躍されている皆さんの率直なご意見をお話いただけました!(アンケートでも、ぶっちゃけトークを聞けて良かったです!という感想をたくさんいただきました。)
特に印象に残ったことは、e-Sportsは「ゲームをする大会」ではなく「競技」であるということです。勝敗という結果が伴うものであり、勝つことにこだわり、鍛錬を積む選手たちが存在するものだと、改めて気付かされました。

業界を盛り上げるために必要な事を企業、選手、行政の各視点からお話いただきました

 

質疑応答では、e-Sportsを部活で取り組んでいる学生さんから「自分たちで大会を開くために必要なこと」に関する質問や、学生で起業している方から「タイトルを使用する際の許諾について」の質問など、業界を盛り上げていきたい!という想いが伝わるような内容でした。登壇者の方々からも現場に即した回答をいただけて、貴重なご意見をいただける時間となりました。

今回のmeetupを終えて感じたのは、携わっている人々の想いを大切にすることが必要だということです。競技として使用されるタイトルを作り上げた制作者がいること、勝つために不断の努力を重ねている選手がいること、そして、選手やタイトルを支えている多くのファンがいること、誰に対しても失礼なことがないような関わり方をしなければ、と痛感しました。

暖かくなる頃には、第2回を開催できればと考えています。

実際に、企業としてどのような関わりをしているのか、本当に選手やチームのためになることとは、地方都市でも出来ること、地方都市だからできることなど、さらに具体的な内容にしていこうと思います!

e-Sports meetup in FUKUOKAをはじめ、各種イベント情報については、
弊社ホームページhttps://linkedbrain.jp/)や
Facebookhttps://www.facebook.com/LinkedBrain/)にてお知らせしますので、ぜひご確認ください!

関連記事

  1. eラーニング『Schoo(スクー)』の活用方法を社員に聞いてみました!…

  2. 筑紫野市立筑紫野中学校の生徒の皆様が職業体験にいらっしゃいました!

  3. 横浜デジタルアーツ専門学校様のOBOGトークに登壇しました!

  4. 京都クリエイティブ企業向けセミナー「ゲーム業界におけるテレワークの現状…

  5. ECCコンピュータ専門学校様にて講義を行いました!

  6. 先日行われたブラウザゲーム勉強会での近藤の登壇内容が「4Gamer.n…

サービスサイト