河原デザイン・アート専門学校様にて、講義とポートフォリオ指導を行いました!

先日2月1日に愛媛の河原デザイン・アート専門学校様にて、2020年卒業の学生を対象に「ゲーム業界について」をテーマした講義と、デザイナー志望の学生向けにポートフォリオ指導を行いました!

デジタルデザイン科、グラフィックデザイン科、漫画クリエイター科の3学科から合計41名が参加しました。

講義では前半と後半に内容を分け、前半は人事担当の高柳よりゲーム業界全体のお話や、ゲーム会社の組織について、また働き方やキャリアについて説明しました。
堅苦しい話ばかりで退屈させてしまっているかと思いきや、皆さん熱心にメモを取っていました!

ゲーム業界に特化したキャリア支援を行っている当社ならではの目線で、様々な働き方やキャリアの積み方などを紹介

後半はアートディレクターの東崎原(河原デザイン・アート専門学校卒業生)より、ゲームデザイナーの具体的な仕事内容や、仕事のやりがい、大変なところ、ゲーム会社に就職する為に在学中やっておいた方が良い事などを紹介しました。また、実際の画像を使って業務デモンストレーションも行いました。

学生たちは前半と打って変わって、東崎原が描いたドラゴンのイラストがスクリーンに映ると、「おお~~~」と歓声が上がり、現役デザイナーの作品に目を輝かせていました。

部分ごとに分割したイラストを見てもらい、2Dモーションの土台となる素材イラスト制作について解説

講義終了後には、ポートフォリオ指導と就職/キャリア相談会を開催し、東崎原が行ったポートフォリオ指導では17名の希望者に個別で対応しました。

まだ粗削りなポートフォリオではありましたが、せっかくプロに聞けるチャンスとあり、
学生は熱心にポートフォリオ制作のコツやポイント、修正すべき点を質問していました。

具体的な修正アドバイスを受けた学生たちは、今後のポートフォリオ制作にモチベーションが高まったようでした。

また別途希望者には、就職相談・キャリア相談として高柳が相談会を実施。学生が直面している就職活動の疑問・質問に回答したり、ゲーム会社に応募する上でのアドバイスを行いました。今後の就職活動の糧になれば嬉しいです!

ゲーム会社の人事と直接話す貴重な経験。フランクにたくさんの質問をしてもらいました。

リンクトブレインではこのように、未来のゲームクリエイター育成のために学生に向けた
講義活動や就職支援を行っております。
今後も各学校や教育機関と連携して活動を続けていきますので、何かご相談がありましたら是非 こちら よりお問い合わせくださいませ!

そしてそして、リンクトブレインでも新卒採用やインターンの受け入れを実施しておりますので、ご興味をお持ちの方は是非 こちら をご覧くださいね!

関連記事

  1. 新代表 清水のインタビューが「CEO社長情報」に掲載されました!リンク…

  2. eラーニング『Schoo(スクー)』の活用方法を社員に聞いてみました!…

  3. 先日行われた「OMC2018」にてリンクトブレイン開発の「VRドローン…

  4. 台湾で開催されたMOU調印式、VTuber国際フォーラム、VTuber…

  5. リンクトブレイン東京本社が移転しました!

  6. ビヨンド勉強会に登壇いたしました

サービスサイト